FC2ブログ

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

rekikyo

Author:rekikyo
大阪大学歴史教育研究会の公式ブログです。
原則として事務局スタッフの記事を中心に週一更新、その他告知や参加メンバーによる投稿等があれば随時掲載します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

総訪問者数

「実際に見て」学ぶことの重要性

 皆様、大阪大学歴史教育研究会公式ブログにお越しいただき、ありがとうございます。早いもので、2012年も2ヶ月が過ぎました。こうして人間歳を取るんだなぁ、と実感する今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
 今回は、特任研究員鍵谷寛佑が記事を担当させていただきます。
 もう五回目の記事になりますが、今回も、どうぞよろしくお願いいたします。

 今回の記事は、「実際に見て」学ぶ、ということの重要性について触れたいと思います。
 勤務先中学校での世界史の授業で、よく生徒から、「先生そこ行ったことありますか!?」とか「実物見たことありますか!?」とよく聞かれます。
 図説で「この作品はこういうものです」と説明しても、彼らは常にある種の「リアル」を求めてきます。中学二年生ということもあって、色々なものを「生」で感じたい年頃なのでしょう。そこで、私も答えられるだけの知識を出さなければ、と日々色々なネタを模索するのです。

 歴史に関するテレビ番組や、旅行に行った際の現地での情報収集などなど、出来ることは沢山あります。そういった日々培ったネタを授業で披露することで、彼らの歴史に対する興味をより一層熟成させることができると思います。
 私がロゼッタ・ストーンの実物を大英博物館で見て、その大きさに驚いた話をした際には、「教科書のものは小さいですよ!」と素直な感想を返してくれました。
 また私がイギリス生まれだという話をすると、「えー!マジですか!?」「ハーフですか!?」と(私をご存知の方は、どうみても私を日本人だと思われるでしょう。実際に、父も母も日本人です)、驚きの眼差しを向けてきます。
 生まればかりはどうにもなりませんが、我々教員が実際に見て知ったことは、彼らの求める「リアル」そのもので、私はそういったものを大事にしたいと思っています。

 先月の出来事で、この点をより強く感じさせられました。
 先月のある日、私は、都市空間の研究をされている大学教員の方と、新今宮の町を細かに練り歩く機会をいただいたのです。新今宮を詳しくご存じの方々には、察しが付くかと思います。日々の生活の中では決して感じることのできない、社会の暗い側面を映し出している地区を横切り、対照的に一見とても華やかで我々を魅了するにもかかわらず、恐ろしく深い闇とつながっている、男性にとってのあの「絶対空間」にたどり着くわけです。
 「地理を研究する人間は、歩いてナンボ」と言われましたが、これは当然歴史にもかかわる重要な点です。あまり、生徒たちには社会の「ダーク」な部分を教えるわけにはいきませんが、実際に自分で見て知っていることは大きな財産であり、様々な場面で役に立つハズです。教員は、なかなか時間をつくることが難しいと思いますが、そうしたまだ見ぬ部分を体験してみる機会を作ってはいかがでしょうか?(文責:鍵谷寛佑(事務局))
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ