FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

rekikyo

Author:rekikyo
大阪大学歴史教育研究会の公式ブログです。
原則として事務局スタッフの記事を中心に週一更新、その他告知や参加メンバーによる投稿等があれば随時掲載します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

総訪問者数

大阪大学歴史教育研究会・公式ブログ開設にあたって

この度、大阪大学歴史教育研究会(阪大歴教研)の公式ブログを開設することになりました。

大阪大学歴史教育研究会とは、高校教員・大学教員そして院生など若手研究者がそれぞれの垣根を取り払い、フラットな立場からこれからの歴史教育のあり方を考えるため、2005年11月に設立された研究会です。
基本的に毎月一回の月例会を行い、最新の学術的研究成果を踏まえながら高校や大学における歴史教育の現場においてどのような内容を扱えばよいのか、議論を行っています。
阪大歴教研の概要阪大歴教研の活動記録などの詳細は、それぞれのリンクから研究会サイトのコンテンツを御覧ください。
また、その前身としての全国高等学校歴史教員研修会については、左記のリンクから阪大東洋史のサイトを御参照ください。

阪大歴教研はこれまで5年半を超える活動を通じて、様々な成果を挙げることができました。
その中には活動記録のページで公開されている報告資料だけでなく、高校教員と大学教員の恒常的なコミュニケーション体制の構築、そして院生を中心にした多くの若手研究者の育成なども含まれています。

ただ、研究会活動の長期化・安定化と、それに伴う活動範囲の拡大に伴って、新たな問題点も浮かび上がってきました。
研究会の場や時間が限られていることにより、阪大で毎月一回行う月例会だけでは十分なコミュニケーションの機会を提供できないということも、その一つに挙げられるでしょう。
参加メンバーの中には本務の多忙さや地理的距離などの理由から月例会に参加できない方も少なくなく、また参加できたとしてもわずかな議論の時間では十分に発言できないということもあろうかと思います。

そのような現状を打開する方法を現在模索しているところですが、その方法の一つとして、この度公式ブログの開設に踏み切ったというわけです。
本ブログは事務局のスタッフにより、最低週一回の更新を原則として、主に阪大歴教研の活動を中心とした歴史教育の話題を扱うものとします。
阪大歴教研事務局のスタッフは、院生・ポストドクターを中心とした若手研究者が担当しておりますので、歴史教育と絡めて個々の専門分野についての話題も紹介していければと考えております。

ちなみに私は大阪大学大学院文学研究科の特任研究員をしております岡本弘道と申します。
専門分野は琉球を中心とした海域アジア交流史で、阪大歴教研関連では2004年の第2回全国高等学校歴史教員研修会、2008年4月の第23回例会、今年5月の第51回例会(活動記録参照)などで報告をさせていただいております。
自己紹介・経歴・研究業績などは個人サイトブログなどもございますので、そちらを御参照ください。
事務局では主にウェブサイト・ブログなどをはじめとするIT関連の業務を担当しておりますので、本ブログともどもよろしくお願いいたします。

本ブログでは上記のように事務局スタッフによるエントリ以外にも、阪大歴教研に関連する告知・情報提供、そして参加メンバーによる歴史教育関連の投稿なども随時掲載していく予定です。
報告者・参加者が月例会の場では時間の関係で十分に発言できなかった内容、あるいは諸般の事情で当日は参加できなかったけれど表明しておきたい意見など、この場を通じて歴史教育に関するコミュニケーションがより密になっていけば幸いです。(文責:岡本弘道(事務局))

<< 神奈川県高等学校教科研究会・社会科部会歴史分科会高大連携の試み~「ウェスタンインパクトをどう教えるか」 | ホーム |


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム