FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

rekikyo

Author:rekikyo
大阪大学歴史教育研究会の公式ブログです。
原則として事務局スタッフの記事を中心に週一更新、その他告知や参加メンバーによる投稿等があれば随時掲載します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

総訪問者数

日本史の研究者として感じたこと

特任研究員の後藤敦史です。
今回の記事を担当させていただきます。

さて、桃木先生のブログでもとりあげられ、すでに読了した方も多いかもしれませんが、
羽田正『新しい世界史へ―地球市民のための構想』(岩波新書、2011年)
が刊行されました。
これはすぐに読まねば、と考えまして、先日の日曜日、1日でいっきに読み終えました。

羽田先生の熱い、熱い思いが伝わった―
まず、率直な感想はこれです。
「国家」を単位に世界史が語られる状況がまだまだ根強く、それゆえに、歴史をめぐって互いのナショナリズムが衝突することの多い中で、そのような対立の連鎖を乗り越えるためにも、「国民」を大きく超えた「地球市民」のための世界史を描く…
もちろん、羽田先生も認めているように、その達成には、非常に、非常に大きな困難が待ち受けていると思います。
だからといって、それに向けた努力をしなくていい、という意味では決してない。
その努力が地球規模で進められていく中で、研究者だけではなく、文字通り地球に生きる人々みんなで議論をしながら、「地球市民」という立場からの新しい世界史が構築されていく。
なんとすばらしいことだろうか、と感じた次第です。

さて、具体的な内容については、僕が下手くそな内容の要旨を述べるよりも、読むことをお勧めする方が手っ取り早そうですので、割愛させていただきます。
以下は、日本史学の立場、ないしは歴史教育研究会の事務局をつとめた来た者の立場として、羽田先生の本を読んで考えてみたことです(羽田先生の本の書評、というわけではありません)。

日本史の研究者として、僕がこの本の中で印象に残ったのは、
「『筒』のような日本史は、共通の過去を持つ日本人という私たちのアイデンティティーを強化するために重要な役割を担っている。日本史の喪失は、私たちの日本への帰属意識を弱める方向へ働くだろう。その意味で、私は日本という国が存在するかぎり、現行の日本史という枠組みは基本的に維持してよいと思う。もちろん、それは完全な一国史ではありえず、周辺諸地域の過去を考慮に入れて再考する余地は十分にあるはずだ」(119頁)
「一方で、地球市民のためのアイデンティティーを獲得するための新しい新しい世界史は、その中に特に『日本史』を必要とはしない。(中略)日本史と新しい世界史は両立させるべきものである」(120頁)
という2つの文章です。

実は、僕がかつて『歴史科学』(大阪歴史科学協議会、197号、2009年)の拙稿の中で述べさせていただいた点も、上の引用に近い主張です。歴史教育における科目としての「日本史」と「世界史」は、日本という国家のシステムの中で行われる教育として、2つともに重要な役割を担っており、両輪として歴史教育を支えるべきだ、というのが僕の主張だったのですが、羽田先生の上の文章は、その主張を、もっともっと分かりやすい表現で、さらに歴史教育には限定しない形で表現されています。

といっても、上の引用部分が僕の印象に残ったというのは、単に僕の主張とシンクロしたな~という安易な理由からだけでは決してありません。

大阪大学歴史教育研究会においても、新しい世界史教育に向けて活動を続けてまいりました。
ただ、その中で、往々にして抱かれる誤解(そして僕自身も研究会の研究員を始めた当初は抱いていた誤解)は、「日本史を無視ないし軽視している」という誤解です。

しかし、そもそも世界史という枠組みの中で、日本という国ないし地域の歴史は、他の国や地域の歴史よりも比重が大きくなければならない、ということはないはずです。
上の羽田先生の表現を用いれば、ある世界史の動向を描く時には日本に触れる必要があり、一方である場合には、「特に『日本史』を必要とはしない」ことだってあるはずです。
しかし、それは日本史を無視することでも、軽視することでもありません。

重要なことは、様々な新しい研究成果を反映させた世界史教育、というものを構築する課題の中で、日本のことについて言及する場合に、日本史の新しい研究成果をいかに取り入れられるか、ということです。そして、そのためには、日本史研究者の協力をいかに得られるか、ということが重要になってきます。それは、同じ課題の中で、中国史やイギリス史や、あるいは科学技術史やジェンダー史などなどの研究者の協力をいかに得られるか、ということと何の変わりもありません。

新しい世界史教育を構築する、という動きがある中で、日本史を研究している者として、いかに主体的にそこに参加・協力できるのか。
要は、研究者一人ひとりの主体性、姿勢にかかっている。
そして、こうした主体的な参加を通じていろいろな分野の方と交流すれば、それは自分自身の歴史研究の進展にもつながるのだ。

大阪大学歴史教育研究会の研究員をはじめて早5年、
ようやく、日本史研究者として何ができるのか、が見えてきた次第です。
(だからといって、微力な僕がものすごい協力ができる、というわけでもありませんが…)
(文責:後藤敦史(事務局))

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< タイの暦 | ホーム | 大阪大学歴史教育研究会・第56回例会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム