FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

rekikyo

Author:rekikyo
大阪大学歴史教育研究会の公式ブログです。
原則として事務局スタッフの記事を中心に週一更新、その他告知や参加メンバーによる投稿等があれば随時掲載します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

総訪問者数

第70回・71回例会参加記

 みなさまこんにちは。初めましての方は初めまして。事務局員のひとりを務めております大阪大学文学研究科東洋史博士後期課程の猪原達生です。専門は宦官史で、主に中国唐代の宦官をめぐる政治制度について研究しております。さらに、ジェンダー、セクシュアリティや比較史などの観点から宦官を見直すことにも関心を持って取り組んでいます。この研究会には学部生の時代から参加させていただいており、昨年度より事務局に入りました。本年度もどうぞよろしくお願いします。

 さて、本年度は大阪大学歴史教育研究会の元になっている科研「最新の研究成果にもとづく大学教養課程世界史教科書の作成(代表:桃木至朗大阪大学教授)」の最終年度に当たっており、表題の通り大学生向けの世界史教科書を本研究会に関わる先生が執筆されます。(全体の方針など詳細は、ホームページ「活動記録」より第68回例会の桃木先生による報告「大阪大学歴史教育研究会2013年度の方針について~教科書作成を中心として~」を御覧ください。)この記事で取り上げる70回・71回例会は先生方による教科書執筆の構想発表になりますので、それぞれごく簡単ではありますがご紹介したいと思います。

 6月15日に行われた第70回例会の第一報告は、古代・中世を担当する東洋史の荒川正晴先生(大阪大学文学研究科教授)のご報告でした。荒川先生は教科書の第1章「古代文明・古代帝国と地域社会の形成」についてご報告されました。限られた記述量の中で古代の重要性を示すにあたり、先生は「横のつながり」や「共時性」を重視してまとめておられました。とりわけ、地域ごとに考えると特に孤立しがちな黄河文明や殷・周の動向をユーラシア史上に位置づける試みは、とても興味深く感じました。
 第二報告は、近世を担当する東洋史の桃木至朗先生(大阪大学文学研究科教授)のご報告でした。当日は部分的な執筆案が提示されましたが、要点を得た本文に加えて興味関心を広げるコラムや問いかけが豊富に含まれていました。また、「近世」の時代区分をめぐる論点についても示され、参加者の間で活発な議論が行われました。
 7月20日に行われた第71回例会の第一報告は、古代・中世を担当する西洋史の栗原麻子先生(大阪大学文学研究科准教授)のご報告でした。栗原先生は地中海を舞台とする相互交流など「横のつながり」を重視しつつも、「縦のつながり」を描き出す方法についていくつかの論点を示されました。そのひとつとして「古代から中世、また中世から近世への移行を断絶と連続性のどちらの観点からとらえるか」という問題が研究史を踏まえて紹介され、私自身とても勉強になりました。
 第二報告は、アジアの近現代を担当する東洋史の桃木至朗先生(大阪大学文学研究科教授)のご報告でした。前回に続き、執筆案が関連する秋田先生の執筆案とともに示され、それに基づいて記述内容の検討が行われました。この報告では特に用語の選定の問題について参加者の関心が集まりました。「どの固有名詞を選択するか」「概念をどのように説明するか」といった問題は教科書全体に関わる問題であり、全体の編集方針を意識した活発な議論が展開されました。

 以上2回4報告についてごく簡単にご紹介させていただきました。全体を通して私が印象に残ったのは、参加院生からの発言がとても活発だったことです。なかには報告者をうならせ、さらなる議論を喚起するような鋭い質問もあり、本年度の受講院生の勉強ぶりや意識の高さが感じられました。後期の院生報告に期待が膨らみます。
 10月に開催予定の72回例会まで、教科書執筆の構想発表が行われます。どのような教科書ができあがるのか、私もとても楽しみです。それでは、以後の研究会もどうぞよろしくお願いします。(猪原達生)

<< 大阪大学歴史教育研究会・第72回例会 | ホーム | 第44回北海道高等学校世界史研究大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム