FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

rekikyo

Author:rekikyo
大阪大学歴史教育研究会の公式ブログです。
原則として事務局スタッフの記事を中心に週一更新、その他告知や参加メンバーによる投稿等があれば随時掲載します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

総訪問者数

大阪大学歴史教育研究会・第73回例会

【大阪大学歴史教育研究会・第73回例会】

日時:2013年11月16日(土)13:30~17:30
場所:大阪大学 豊中キャンパス 文学研究科本館2階 大会議室

1.鈴木宏節(大阪大学・三重大学非常勤講師)
 「突厥文字から見た世界史」

2.武内康則(日本学術振興会特別研究員PD(大谷大学))
 「契丹文字から見た世界史」

〈要旨〉
 世界史の中で文字や言語は重要なテーマである。現行の世界史教科書や資料集においても様々な文字や言語が取り上げられている。しかしながら、必ずしも全てが正しく記述・説明されているわけではなく、また、それぞれの文字や言語の間にある関係性を理解することが難しいのが現状であろう。そこで、鈴木報告では突厥文字を、武内報告では契丹文字を例として、現行の世界史教科書や資料集に見える記述の問題点・改善点を指摘・提示し、さらに最新の研究成果の一端を紹介する。

 これらを通じて、教育現場における文字や言語の取り上げ方を議論したい。また両報告で紹介する最新の研究成果に基づき、突厥文字や契丹文字を他の時代や地域と比べ、あるいは結びつけることで、文字や言語を題材として「世界史」が議論されることを期待する。

<< 大阪大学歴史教育研究会・第74回例会 | ホーム | 大阪大学歴史教育研究会・第72回例会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム